monologue nurse Work

マスクのように扱われる私たち【現役看護師が伝える胸のうち】

みなさんこんばんは
ナースヨギーニのkanaです

初めましての方はこちら💁‍♀️About Me❤️

毎日”コロナウイルス”の感染者の話題ばかりで
とっても心休まらない方も多いのかなっと

現場の状況をシェアできたらなんて思いで書いてみようと

医療崩壊寸前
恐怖と不安な毎日

”マスクは1日1枚”
”N95マスクも1勤務1枚”
”感染防御具は少ないから、出入りは最小限”

もう1ヶ月近くこんな状態が続いている
それに加え外出自粛

でも、日々コロナウイルス 患者は増加
外出自粛くらいのレベルで
どうにもならないし
崩壊するって思っているのが正直なところ

これからは、助ける命助からない命
選択が来てもおかしくない

外出自粛でも私たちは仕事があるから
勤務で外に出るが
それでも人との接触が多いと思ってしまう
マスクをしていない人がいるのも
びっくりだった。

実際に私があった話

仕事に向かうため、駅に降りた所
マスクもしないセールスの人に話しかけられたのだ
本当に”恐怖”だった

どんな気持ちで話しかけているのか?
人がどれだけ怖がっているのか?

自分のことしか考えていないから
そのような行動に出てしまうのか
なんてショックも受けた



外に出るときもなるべく
人との距離を気にして歩いたり
スーパーやコンビニの店員さん
との接触にも注意したり

自分だけではなく
自分に関わる全ての人に
被害が出る
そんな意識を常にしているから

気を張っている状態で全く休まることがないから
本当に、心身ともに辛い

▶︎友人看護師①
クルーズ船の対応している子は
顔がもうボロボロになっていた………
感染症病棟だから他よりも
マスク・防御具の在庫は確保していたはずが
もうギリギリの数しか無くなってしまったと

これからは
宇宙服のような防御具に変えて
オムツを履いて
6時間トイレも行かず水も取れず
働かなきゃいけない

感染症手当ては1日350円
ペットボトル2本分😭😭😭


とっても悲しい気持ち😭

▶︎尊敬する大先輩
今日先輩から連絡が来たのだが、
『明日コロナ病棟に夜勤になっちゃった』
そうLINEがきて、返信に胸が痛くなった

『シャワー浴びて家に帰らなきゃ』

実際私の病院も、病棟閉鎖して
コロナ病棟を2病棟作ることになり
人員移動が生じたようだ
本当に仲の良い先輩だから
身近な出来事で胸が詰まる思いだ

そして、私も病棟移動依頼が来ても
おかしくない…そう不安で仕方ない

巷のニュースを毎日見ているが
医療者がコロナに罹っても院内感染
と騒がれたりして本当に悲しい
マスクも十分でないのに
捨てられているような気持ちで
ずっとずっと働いている

あなたの大切な人が健康でありますように

このブログで伝えたかったことは
私たち医療者は恐怖と不安を感じながらも
働くことを放棄せず毎日頑張っています。

”自分は大丈夫”
そう絶対に思わないでください。
一人でも多くの人が、
自分を守る行動を意識して過ごせることを
願っています。

自分だけではなくて、
自分の大切な人がいつコロナに罹るか
わからない毎日です

昨日まで元気だったり、
お話ができている人でも
コロナに罹ったらどんな状態になるか
わかりません。

若い人も、老いた人にも
”必ず明日は来ると約束されていないのだ”
っということを

そして、自分の大切な人には大切な存在であることを伝えましょう
「おはよう」「ごめんね」「ありがとう」などちゃんと伝えること

当たり前なことかもしれないけど
少しでも心に響きますように

ぜひ、いいと思ったら
コメントやシェア
インスタのフォローしてね〜💁‍♀️💕

-monologue, nurse, Work
-, , ,

Copyright© Life Work Design , 2021 All Rights Reserved.